PUMP 10曲目 素晴らしい出来栄えのロッカバラード What It Takes

通常盤のアルバムでは最後を締めくくる曲となっている。

和製英語なのかネイティブイングリッシュでこのような表現があるのか分からないのだが、この手の曲はロッカバラード(rocka ballad)といわれることが多い。

スローテンポで、歌詞の内容は求愛の歌であるとことが特徴だが、聴く本人の捉え方次第でいいものだと考えている。

愛という形だけによらず、人生の悲哀や男臭い内容の物や単純な事柄なども、曲の雰囲気次第で、私自身の中ではバラードと定義していたりする。

単純に男女間や異性への愛を題材にした内容が多いとわけだ。

また、細かな言い回しの違いというか歴史的背景として、バラード、バラッドと言い分けがあるが、これはまた別の機会に。音楽雑感ようなカテゴリーで述べてみたい。

それではWhat It Takes!

What It Takes

イントロには綺麗なアルペジオギターが鳴り、シンプルなリズム隊がエモーショナルなヴォーカルを際立たせる構成になっている。

ソングライティングにはヒットメイカーのDesmond Childが参加している楽曲。

こうして改めて聴いてみるとAerosmithってコーラスが厚い。Steven Tylerの同じ声で多重録音している箇所もあるんだろうが、バンドメンバーのコーラスがここぞというポイントで入っている。

また途中にバンドネオンのフレーズを混ぜてみたり、サビまで一周するとアコースティックギターが入ってくる。

これを書いている時点でまだ、弾いてみたや歌ってみたという動画を探してないのだが、スタイルとしてはアコギ一本で歌ってみるという形が成立しそう。

Steven Tylerがギター!と叫んでJoe Perryがギターソロを取るのだが、野太い音の出るレスポールにエフェクトを掛けていらっしゃる。

ユラユラと揺れている音に聴こえるので、空間系のコーラス、リバーブ、ディレイなどを想像するが、私では細かくは指定出来そうにない。ギターソロをコピーしたい方は色々エフェクターをいじってみて、より近いサウンドを模索してみて欲しい。

What It Takesを弾いてみた、歌ってみた

Guitar

どちらも丁寧に弾いてくれているのでギターパートをコピーしたい方にはとても参考になる動画だと思う。上の動画はギターソロのサウンドまで忠実に原曲に寄せにいっている。

下は動画を分割してパートを分けてくれているので、ツインギター編成のバンドはパートごとの弾き分けの参考になる。ギターソロでは原曲に似たエフェクト処理はされていないので、素のままソロを弾くとこのような感じになるのだろう。

Bass

個人的な解釈だが、下の動画の方が演奏として安定感を感じる。ただ、上の動画の方がフレットがかなり見やすい形でアップしてくれているので、ベースパートをコピーする際には一音一音が見やすく確認出来る上の方がいいだろう。

Drum

下の動画の方のほうが、手数は多いし、音もリッチに聴こえ、スローテンポのバラード時には踏まえて欲しいスネアを叩く際のタメのようなものが十分に感じられる。

ただ、バンド演奏として、初めて叩く場合などは上の動画のパフォーマンスの方が参考になるかもしれない。とても楽しんでドラム演奏をされているように思われる。

Acoustic

お二人とも個性のあるヴォーカルで私は好きだ。突っ込むところがない。上はピアノをバックに、下はギターの弾き語り。

あえて特徴を述べるなら、上の方はスマート、粗野な部分があまりない。綺麗な声をされている。下の方は搾るように野性味溢れる表現をされるところもあるのだが、美しく伸びのある高音を披露してくれている。

Band

いや~。この二つの動画もバンドとして完成度が高い!

上は本当に完コピ目指していますというライブ演奏。ヴォーカルは少しザラザラした声かと思いきや、物凄い高音域までカバー出来ている。しっかりとバンドネオンの音まで入れている所が恐れ入る。

下は女性ヴォーカル。よりスローなテンポだが、女性ヴォーカルの魅力が余すことなく現れている。スタートは無伴奏のアカペラだが、バンドの演奏が加わるとさらに彼女の歌声が引き立つ。

Reggae Style High Quality – Spanish

これはクオリティーとして最高評価を送りたい。スペイン語で曲調も変えているレゲエヴァージョン。PVとしての出来栄えからお金かけてるなーということが伺える。

原曲のぶち壊しはダメ。オリジナルこそが一番イイのだという考えも尊重したいが、私は好きだな。ここまでアレンジを加えてお日様サンサンなレゲエ節に仕立てる構想力が素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »